トライアンフ ボンネビル


#095★第6回 愛車紹介のコーナー Triumph Bonneville Bobber Black トライアンフ ボンネビル ボバー ブラック

トライアンフの代名詞ともいえる「ボンネビル」。

最新の技術により現代に蘇らせたネオクラシックは、街乗りからツーリングまで自然に付き合える一台です。

現代に蘇った名バイク──トライアンフの新生ボンネビルが登場! 9/30(日) 8:31配信 伝統的なスタイリングをキープしながら、モダンなセンスと最新機能で洗練された走り味に。

午後、漸く雨が上がりました。

娘の自転車の練習に付き添った道すがら、七夕の飾り付けに遭遇。

首を出したくなるのはなぜでしょうか。

短冊も飾られてますね。

ちょっくら拝見。

まもなくボンネビルの7回目の車検がやって来ます。

とうとう15年目に突入かぁ。

まぁ、20年以上前のバイクに乗っている人なんてザラにいるし、珍しくはないですけどね。

先日、2つ目のコースターを買いました。

↓コレです。

なんか一度集め出すと、蒐集(しゅうしゅう)したくなります。

なんでだろ。

探してみましたら…、 ありました。

今度は一気に4つ。

最近、トライアンフばりに新商品のリリースが続くペヤング。

まぁ、例によってソースの味しかしませんが、天かすのコロコロ感が楽しい。

いややっぱりこっちにしよう。

ゴリゴリゴリゴリ。

うーん、いい香り。

世の中にはセットで語られるもの、ニコイチと呼ばれるものが多数存在します。

風神さまと雷神さま 天使と悪魔 織姫と彦星 月とすっぽん 亀と鶴 ケイコとマナブ 長嶋茂雄と野村克也 などなど。